ブログ」カテゴリーアーカイブ

東京酒販小売組合との商談会

皆さんこんにちは。

勝沼ワイン協会では昨日、都内の酒類業経営者等で構成される東京酒販小売組合とのワイン商談会をぶどうの丘にて開催いたしました。

当日は、16社のワイナリーが出展し、各社「GI山梨」、「甲州市原産地認証」ワインを中心に出品をしました。

生産者と直接話をすることで、山梨県産ワインの動静等をより理解していただき、大変有益な商談会となりました。

 

塩山のワイン屋のアニキが案内するフットパスの会を開催しました。

皆さんこんにちは。
地域の将来を担う子どもたちに自分たちが暮らす地域の魅力やすばらしさを、また地域産業を理解していただくことを目的に本日の午前中、暑い最中ではありましたが親子ワイン課外教室を開きました。
今回は塩山の赤尾・牛奥地区を中心にフットパスを導入、実際に歩いて自分たちが暮らす地域をガイドの案内から巡りました。
子どもたちの参加動機は様々でしたが、共通していた点は親が皆ワイン好きということ。
来年以降も子どもたちがまちのことを知る機会をフットパスの取り組みを通して提供していきます。
塩山洋酒醸造の萩原さん、甲斐ワイナリーの風間さん、牛奥第一葡萄酒の雨宮さんご協力いただきありがとうございました。

2019年産の県産甲州ブドウの収穫量はいかに?

皆さんこんにちは。
昨日開催の県ワイン産地確立会議において、会議の構成員であり親交のある韮崎市の栽培農家の方と今年の甲州ブドウの作柄等について話をしたのですが、韮崎市管内では甲州及びMBAとも豊作傾向にあるようです。甲州市管内においては、玉張りは良いものの房の形状が粗着傾向にあること等から、昨年と比較して若干減産になると見られています。甲州市と韮崎市は距離にして約45㌔。同じ山梨のなかでも作柄は大きく異なることに正直驚きを覚えました。