投稿者「甲州市 観光商工課」のアーカイブ

甲州市圃場登録へのデータ提出

皆さんこんにちは。
市では、醸造用ブドウ畑をワイナリーごとに分けて登録、市が醸造用ブドウ畑のデータを一元的に把握・管理していく取り組みを昨年よりはじめています。
ワイナリーより2019年分のデータ提出が順次あり、事務局で照合作業を進めています。
地味な作業ですが、数年後には大きな意味を持つことになると達観しています。

2019年産醸造用甲州ブドウの取引実績値について

皆さんこんにちは。
市内33のワイナリーを対象に標記調査を実施いたしました。
結果は以下のとおりです。
●市内産
・JAを通す取引/290t
・JAを通さない直接的な取引/1,025t
・合計/1,325t(前年対比109%)
●考察
2019年の作柄状況は、ヴィンテージレポートとして数日前に情報提供していますので、割愛させていただきます。取引実績量については、夏場の段階で2割また3割減と見込まれていましたが、例年並みの数値となりました。
主因とすると生食用からの加担、また勝沼ワイン協会の文書契約の導入によって、県外等への流出を未然に防いだこと等が上げられると思います。

ワイン原産地認証制度を巡るツアーのご紹介

ぶどうの丘では、甲州市のワインづくりの歴史とワイン原産地認証制度を巡るツアーを実施しています。ワインづくりの歴史を学びながら原産地呼称ワインが実際に味わえるツアーです。

■開催期間・時間 12月~3月まで  午後2時開始、午後3時頃終了

■定員 2名~20名(要予約、2名様以上のお申込みで開催します。)

■参加費 お一人様1,100円(税込)

■見学ツアーの内容

・ワイン原産地認証制度、ワインづくりの歴史等について案内

・ぶどう畑の案内

・甲州市原産地呼称ワインを中心に、推奨ワインのテイスティング

詳しくは、ぶどうの丘までお電話にてお問い合わせください。

お問合せ先:甲州市勝沼ぶどうの丘 TEL 0553-44-2111