カテゴリー別アーカイブ: ブログ

市内小学校の校外学習に同行しました

天候に恵まれない日が続きますが、今日は早朝には雨が上がりました。

さて、本日は市内の小学校の先生より、「甲州市のブドウ栽培やワイン醸造の歴史を学ぶ」ために校外学習を実施するので、同行及び施設の説明等をしてほしいという依頼をいただきましたので、参加してまいりました。

塩山南小学校4年生の65名と引率の先生4名が2班に分かれて、宮光園や龍憲セラー、ブドウの国文化館を見学していました。

熱心に展示物や見たり、話を聞いたり、メモを取っている姿が印象的でした。

この内容で校外学習ができるのはワイン産地甲州市ならではです。今日、一生懸命学んでいた子どもたちが、10年後にワインを飲んでいるシーンを想像すると、将来が楽しみになりました。

ヴィンテージをもっと理解する

皆さんこんにちは。

しかし、ここまで秋雨前線による長雨が続くとは思ってもいませんでした。市内でも晩生のカベルネソーヴィニヨン、甲州(後半の後半)が残っていますので、早期の天候回復が望まれます。

さて昨日、とあるジャーナリストの方から連絡があり、国内主要産地における2000年から昨年までのヴィンテージチャートをまとめるので、一視点で確認してほしいと言われました。MWの大橋さんも日本人はもっとヴィンテージを理解する必要があるとその重要性を強調していましたが、まったくそのとおりだと思います。

山梨もワイン産地というからには、主要エリアの関係者が一同に集まり、年毎にヴィンテージレポートをまとめて共有し、そして発信していく。この積み重ねが大切であると強く感じています。

世界農業遺産シンポジウム

峡東地域の果樹農業は、栽培されている果実の多様性、先人から引き継がれてきた伝統的技術、四季折々の美しい農村景観などが高く評価され、平成293月、日本農業遺産に認定されました。

これまで、峡東地域の世界農業遺産への認定を進めてきた「峡東地域世界農業遺産推進協議会」では、再び世界農業遺産への認定実現を目指し活動を行うことを決意しました。

そこで、峡東地域の多くの皆さまに本地域の果樹を中心とした農業の魅力を再認識していただくと同時に、日本農業遺産認定を生かし地域の魅力を国内外に発信し、世界農業遺産への認定実現に向けた気運を更に高めていくため、「世界農業遺産シンポジウム」を開催します。

・日時 平成29年11月19日(日) 13時開場

・場所 山梨市民会館(山梨県山梨市万力1830)

・講師 第1部/大和田順子氏、第2部/西本淑子氏

・参加費 無料

お申し込み方法につきましては、下記甲州市HPより申込用紙をダウンロードしてFAXしていただくか、メール(sangyou@city.koshu.lg.jp)にてご連絡ください。http://www.city.koshu.yamanashi.jp/sangyou/oshirase/detail/%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E9%81%BA%E7%94%A3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%81%AE%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

また、詳細につきましては甲州市役所産業振興課(℡:0553-32-5092)にお問い合わせください。