ブログ」カテゴリーアーカイブ

「甲州市原産地呼称ワイン認証制度」2021年第2回審査会を行いました。

甲州市では7月27日(火)に甲州市勝沼ぶどうの丘において「甲州市原産地呼称ワイン認証制度」2021年第2回審査会を行いました。

市原産地呼称ワイン認証制度は消費者にブドウの原産地とワインの品質を保証するための制度で、今回は6社8点(白5、赤2、ロゼ1)のワインが認証されました。
今後、認証シールを貼って同市の勝沼ぶどうの丘などで販売いたします。
認証制度は本年で11年目。味わいや香り、色調を評価する官能審査やワインの分析値、ラベル表示の記載内容等が規定通りであるかを確認する書類審査を実施しています。

 今回、認証されたワインリストはこちらからご覧ください。

勝沼甲州2018

NO1
申請者名(株)シャトレーゼベルフォーレワイナリー勝沼ワイナリー
住所(市)出品担当者勝沼町勝沼2830-3
西島 陽介
銘柄(商品)名勝沼甲州2018
容器容量(ml)750
製造本数(本)606
申請本数(本)600
品種区分甲州種
ワインのタイプ辛口
発泡の有無
ワイン販売価格(円)1,980
ブドウ品種甲州
使用割合(%)100
市産割合(%)100
収穫年(年)2018
果汁糖度(度)15.8
捕糖・濃縮後の果汁糖度(度)21
ワイン分析値
比重0.990
アルコール%(V/V)11.6
エキス(g/100ml)1.56
総酸(g/ℓ)7.2
揮発酸(g/ℓ)0.36
総亜硫酸(mg/ℓ69
主たる製造及び貯蔵方法
特殊な製法及び樽の使用期間
(kl)
圃場番号33~43