ブログ」カテゴリーアーカイブ

2019年の山梨のヴィンテージチャートは「★★」

皆さんこんにちは。

11月3日に東京日比谷公園で開かれた新酒まつりにおいて、当年のヴィンテージチャートが公表になり、「2」という結果でした。山梨のなかでもエリアによってブドウの出来栄えに違いがみられましたが、この結果からも総じて厳しいミレジムであったことがわかります。

地理的表示(GI)を活用した産地振興

皆さんこんにちは。
新酒祭り、ワインツーリズム(本日、甲斐市さんと韮崎市さんで開かれています。)といった秋の主要イベントが大方終了しました。
造り手の皆さんにとっては、ようやっと一息つけるのではないでしょうか。
さて、今朝のニュースで山梨県酒造組合が地理的表示「GI」の登録を目指しているとの報道がありました。
既にご承知のとおり、ワインは「山梨」が2013年に国税庁から産地指定を受けています。
日本酒とワイン、カテゴリーこそ違いますが、同じ県産酒。地理的表示を活用し、お互い切磋琢磨するなかで、地域ブランドの推進と需要創造を進めたいものです。

2019年のヴィンテージチャート

皆さんこんにちは。

3日の日は日比谷公園で恒例の新酒祭りが、同じく甲州市においてもぶどうの丘で新酒祭りが開催されます。天候にも恵まれそうで、多くのワイン愛好家が今年の収穫に感謝し、実りの秋の味を堪能することでしょう。

日比谷公園の新酒祭りでは、山梨県ワイン酒造組合の斎藤会長から2019年の作柄が公表されると思います。

難しく・厳しかった2019年ヴィンテージ。来年2020年は東京五輪が開かれる年です。

次年度への期待を込めて小生も山梨ヌーボーを味わいます。