作成者別アーカイブ: 甲州市 観光商工課

年末年始はワインで乾杯!

こんにちは。

寒い日が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

年末年始は、ご家族ご友人、恋人と美味しい料理を囲んで過ごされるのではないでしょうか?

ご存知のとおり、甲州ワインは「日本食と相性の良いワイン」です。

ワインが食卓にあると、いつもより特別感が増し華やかになります!

ぜひ、平成最後の年末はワインと一緒にお過ごしいただければと思います。

 

本年も甲州市のワイン振興にご協力をいただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

「甲州」推奨系統3種が販売されました。

こんにちは。

今日は先日販売された、「甲州」推奨系統3種についてご紹介したいと思います。

 

少し前の話題となってしまいましたが、12月中旬に山梨県果樹試験場にて研究されていた「甲州」の苗木が県内ワイナリーや農家へ販売されました。

「甲州」種は長い栽培の歴史を持ち、日本の主要な醸造用ブドウでありながら、これまで日本には公的機関が試験や認証をして、特徴(系統)を特定された「甲州種」の苗木が存在していませんでした。(「あの畑はなんとなくこんな特徴があるかも?」という程度でした。)

 

そこで山梨県は11年の歳月をかけて試験栽培を行い、優良な品質を示した3種類を選抜しました。

今後長い年月が必要となりますが、安全で特徴のはっきりした甲州種の苗木が普及していくことで、ワイン醸造家にとって、スタイルなどワイン造りに生かせる指標が増えることになります。

 

今後の甲州ワインの発展が楽しみです。

 

推奨系統3種類の特徴は以下のとおりです。(酒販ニュース第2003号より抜粋)

・KW01 「フレッシュタイプ。柑橘類・エステル系の甘い香り。酸を由来とする骨格。中程度の強さ。甘さを連想させる香りが特徴的」(柑橘系の香り成分(3MH)の前駆体が多い。樹勢が強く摘芯回数多め。)

 

・KW05 「凝縮タイプ。桃、焼リンゴの甘い香りが特徴。ポリフェノール含有が多く、骨格がしっかりしている。」(3つの中で樹勢が落ち着いている。粒が粗着気味。房小さめ。糖度が毎年高く、酸の落ちが比較的早い。)

 

・KW02 「多収性タイプ。ブドウの房が大きい。香りはおとなしめ。柑橘類・エステル系の甘い香り。柔らかな印象。」(柑橘系の香り成分(3MH)の前駆体が最も多い。酸の保ちがよく、晩熟。摘芯回数多め。)