投稿者「甲州市 観光商工課」のアーカイブ

「甲州市原産地呼称ワイン認証制度」2021年第2回審査会を行いました。

甲州市では7月27日(火)に甲州市勝沼ぶどうの丘において「甲州市原産地呼称ワイン認証制度」2021年第2回審査会を行いました。

市原産地呼称ワイン認証制度は消費者にブドウの原産地とワインの品質を保証するための制度で、今回は6社8点(白5、赤2、ロゼ1)のワインが認証されました。
今後、認証シールを貼って同市の勝沼ぶどうの丘などで販売いたします。
認証制度は本年で11年目。味わいや香り、色調を評価する官能審査やワインの分析値、ラベル表示の記載内容等が規定通りであるかを確認する書類審査を実施しています。

 今回、認証されたワインリストはこちらからご覧ください。

ワイン観光のトップシーズンを迎え

9月に入りそれぞれのワイナリーは今年の仕込みで真っ盛りです。

週末を中心に県外のナンバーを見かけることも増え、本市には県内外から多くのお客様が訪れています。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、市内のワイナリーでは共通の営業対応ガイドラインを策定し、お客様に安心してご来店いただくための受入れ体制を整えています。

ワイナリーツアー等も徐々に再開をしてきておりますので、各ホームページ等をご確認ください。

(写真は、入口での検温、アルコール消毒液設置の様子です。)